みんなが心地よいイベントとなるように

一般参加者、スピーカー、スポンサー、スタッフ問わずカンファレンスに関わるすべての人が心地よいイベントとなるように行動規範を定めます。 すべての参加者のご協力をお願いいたします。

なにを守れば良い?

Frontend Conference Fukuoka ではすべての参加者のハラスメント行為を許容しません。 もしハラスメント行為がスタッフにより確認された場合は強制的に退場いただく場合などがございます。 次に詳細を記述します。

行動規範の詳細

ハラスメント行為は、性別、性的指向、障害の有無、外見、人種、民族、宗教、技術選択による差別、公的空間での性的な映像表現、意図的な脅迫、ストーキング、つきまとい、写真撮影や録音による嫌がらせ、トークやその他のイベントに対して中断させようとする行為、不適切な身体接触、そして望まれない性的な注意を引きつける行為を含みます。

参加者は、これらのハラスメント行為を止めるように求められた場合、すぐに従わなければなりません。

スポンサーもハラスメント防止ポリシーの対象です。特に、スポンサーは性的な関心を引き起こすような映像表現、活動、資料、あるいはその他の物品を使用すべきではありません。ボランティアを含め、ブースのスタッフは、性的な関心を引き起こすような服装 / 制服 / コスチュームを使用すべきではありません。また、その他の手段で性的な関心を引き起こす様な環境を作るべきではありません。

参加者がハラスメント行為を行っている場合、Frontend Conference Fukuoka 運営委員会が適切と判断した範囲で、該当行為を行った者に対して、警告や参加費の払い戻しなく退場いただくなどの処置を行います。また今後のイベントにおける制限などを行う場合もあります。

もしあなたがハラスメント行為にあった場合や、誰かがハラスメント行為を受けていることに気づいた場合、またはその懸念がある場合はすぐにお近くの運営スタッフにお知らせください。

運営スタッフはハラスメント行為を受けた人の安全な環境を提供するために、会場スタッフや警察に連絡し、付き添い人の提供、およびその他の支援を行います。 参加者のみなさんにとって心地よいイベントになってくれるのが私たちの喜びです。

私達は参加者が会場と本カンファレンスに関連したソーシャルイベントにて、このルールに従うことを期待します。